• 特選米沢牛 選べるギフト券
  • 登起波厳選 セット商品
  • お食事処 すき焼き 登起波
  • 登起波分店 米沢牛 登

米沢産こしひかり

美味吟上厳選素材

老舗の御飯

登起波のお米ができる工程をご紹介いたします。

1.張込み

玄米を精米ラインに投入します。強力な磁石により、釘や針などの金属を取り除きます。
投入口へ玄米を投入しているところです。こちらの設備は一度に30俵(1,800kg)まで入ります。

2.プレクリーナー

空気の力で籾殻や米粒よりも軽いゴミを取り除きます。

3.混米タンク

複数の玄米を使う場合、タンクの中で攪拌して品質を均一にします。

4.石抜き

玄米に混入している石などの異物を選別して取り除きます。

5.流下選別機

ピアノ線が張り巡らされた所を通過することにより、米粒よりも大きなゴミや埃を取り除きます。

6.精米

玄米を白米にします。お米に負担がかからないように、二回にわけてやさしく精米します。米ぬかは空気の力で別室に運ばれます。
精米を終え精米機からお米が出てくるところです。

7.石抜き

最初の石抜きで取り除ききれなかった石などの異物を、もう一度選別して取り除きます。

8.ロータリーシェフター

七つの網目の大きさの違うふるいにかけて、割れたお米や、小さな粒のお米を取り除きます。お米より大きな異物もここで取り除きます。

9.色彩選別機

生育障害や、害虫の被害にあって色の着いたお米を一粒一粒選別して取り除きます。
色彩選別機の内部です。奥に見えるのは色彩を選別するためのレンズです。
色彩選別機ではじかれたお米です。このようなお米は色彩選別機で一粒一粒選別されます。

10.白米タンク

精米されたお米はいったん白米タンクに入って、袋詰されるのを待ちます。

11.流下選別機

ピアノ線がはりめぐらされた所を通過することにより、再度、割れたお米や、異物を取り除きます。

12.計量・袋詰

ここでようやく計量・袋詰されて皆様のもとへ届けられます。
このサイトは、サーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。
米沢牛老舗 登起波牛肉店
サイトナビ

PAGE TOP